新築一戸建てのメリットとデメリット

新築一戸建てる前にスケジュールを組もう

新築一戸建てる前にスケジュールを組もう 新築一戸建てを購入する場合には、様々な手続きが必要になります。
しっかりスケジュールを立てて進めていかなくてはいけません。
まずは資金計画です。
現在の年収と今後の収入を概算した上で、支払い可能な総額を割り出します。
不安な場合は銀行の窓口で相談してみるとよいと思います。
次に土地探しです。
インターネットや新聞広告、近辺の不動産会社に条件を伝えて探してもらうなど、十分な情報収集が必要です。
情報が得られたら、できるだけ沢山の物件を自分の目で確かめましょう。
ここに一番時間がかかると思います。
新築一戸建ての建築を依頼する会社が決まっていたら、この時点から相談することをお薦めします。
理想的な土地に出会えたら、購入の申し込みに進みます。
売買契約を済ませ、住宅ローンの申し込みをし、融資の審査を受けて住宅ローンの契約をします。
ここまできてやっと建築に進むことができます。
一般的に新築一戸建ては図面を起こしてから引き渡しまでに7か月ほどかかると言われています。
土地を探して契約をし、ローンの申請が通るまでは色々と苦労も多いのですが、ここからは夢のある楽しい作業になります。
一生に何度も経験できるものではありませんから、楽しんで進めたいものですね。

都心と郊外、新築一戸建てにおける違い

都心と郊外、新築一戸建てにおける違い 新築一戸建ての購入を考える場合、都心で選ぶか郊外で選ぶかはとても迷うものですね。
両者にはそれぞれの特徴がありますが、どのような違いがあるのでしょうか。
言うまでもなく、一番大きく違うのは「価格」です。
都心の新築一戸建ては高く、郊外は安くなります。
これは当然のことですね。
また、都心には駅が近かったり、公共施設が多かったり、商業施設も充実していたりと、利便性が高い物件が多いのですが、郊外になるとそういった物件は少なくなり、物価も若干違ってくるでしょう。
学校の数も必然的に少なくなるので、お子さんの通学のことも考える必要が出てきます。
しかし、郊外にも良いと点は沢山あります。
自然が多く、都会に比べて土地面積の広い物件も増えてきます。
都会は商業地や工業地が多く、どうしても隣家と密接している狭小住宅が多くなりますが、郊外は住宅地域が広がっているので、ゆとりのある造りの物件も多く、隣家との距離も適度に取ることができます。
広めの庭や採光を確保することができることも嬉しいことですね。